11月2日(土) 甲斐みのりトークセッションを開催しました!

富士宮市出身の文筆家、

甲斐みのりさんのトークセッションを行いました!

昔から変わらない味で地元の人に長く親しまれている

〝地元パン〟愛好家の甲斐さん。

「パンが生まれた背景を知り、伝えることが好き」と笑顔を綻ばせます。

100円のパンを求めて片道2万円の交通費をかけることも!

「その土地で食べるのが一番美味しい」とご自身のモットーを語りました。

子どもの頃からコンプレックスだらけだった自分を変えるため、

甲斐さんが始めたのが〝すきノート〟でした。

「スケッチブックを一冊〝すき〟で埋めてみようと思い立ち、

一歩家から外へ、その次は街へ……。

『自分をときめかせてくれるモノって

こんなにたくさんあるんだ⁉︎ 』と、

気づけば20年以上〝すき〟を探し続けていました」と、

〝すき〟を集める訓練がご自身を変えるきっかけになったそうです。

初めは難しくても、その訓練は自分のためになると

話す甲斐さんは「私がすきな100コをきっかけに、

ご自身の〝すき〟を100コ見つけてみてくださいね」と

投げかけました。

**********

甲斐さんの〝すき〟を見つける視点が垣間見える

『甲斐みのり展〜食べたり、愛でたり、旅したり〜』は

沼津コートで12月末まで開催しています。

書籍やグッズも置いてありますので、ぜひお立ち寄りください🤗

今、注目を集めているフォトスポットもありますよ〜♪

 

FaceBookページへ→https://www.facebook.com/Numazucourt/posts/145131510203737